セミナー報告

「総務担当者研修」
これからの総務に必要な戦略的視点とは?
~ 総務の役割理解と欠かせない3つの業務ポイント ~

2018年8月7日(火)開催

総務は顧客と会社の橋渡し役であり、トップマネジメント層と各部門との意見調整役でもあります。
総務のしっかりしている会社は揺るぎません。つまり、会社の要は総務なのです。
今の時代、「守り」の総務から、「攻める」戦略的総務の時代と言えるでしょう。間接部門でありながら、会社の業績を向上させる重要な部門です。
それには、具体的な戦略的視点を見据え、日々を守る仕事、明日を創る仕事と、総務担当者ならではの広い視野を持つことが求められます。
このセミナーでは、総務担当者に期待される役割と、どの組織にも必要な業務ポイントを3つ絞り、ワークや体験学習を通して学んでいただくため、Edu.ANNEXの池田先生にご講演いただきました。
(続く・・・)

「総務担当者研修」

「営業アシスタント研修」
バックオフィスから売上向上に貢献する!
~ できる営業アシスタントのマインドとスキルを習得する ~

2018年7月19日(木)開催

少数精鋭で効率よく売上を伸ばしたい企業にとって、営業アシスタントの強化は業績向上に直結する課題です。
しかし、現場のスタッフは多忙さゆえに業務を見直す機会がなく、自らのポジションの重要性や可能性に気づいていないことも少なくありません。
このセミナーでは、従来型の「営業事務」としての働きに加え、「インサイドセールス」として売上向上に貢献するマインドとスキルを磨き、モチベーションの向上を図ります。
また、お客様との電話応対や営業担当者のタイプに合わせた「気がきく対応法」を、実践的なロールプレイングやケーススタディを通して具体的に学んでいただくため、ビジネスプラスサポートの千葉先生にご講演いただきました。
(続く・・・)

「営業アシスタント研修」

「業務マニュアル作成・活用術」
引き継ぎ漏れや事務ミスを防ぎ、多能化・効率化を図る!
~ 仕事の「見える化」「標準化」で業務効率を改善する ~

2018年7月12日(木)開催

いま、組織に求められるのは、業務の「標準化」と「見える化」です。
働き方の多様化だけでなく、業務の変化のスピードが増す中、これまでの共有・引き継ぎでは、対応が困難になってきています。
業務マニュアルは、組織の知恵・ノウハウを引き継ぐ財産です。
マニュアルの作成は、「作成の目的」を定めた上で 「業務の見える化=洗い出し」からスタートします。
洗い出した業務を適正化し、標準化することで、新人育成も含めた引継ぎ・人財育成がスムーズになるばかりでなく、改善効果による残業削減が期待できます。
このセミナーでは、「マニュアル作成の全体像」を理解し、明日からの着手に向けたマニュアル作成のポイントと進め方、成功のカギを握る「周りの巻き込み方」を身につけていただくため、ビジネスプラスサポートの森田先生にご講演いただきました。
(続く・・・)

「業務マニュアル作成・活用術」

「電話応対トレーニング研修」
会社の評価は電話で決まる!
~ すぐに使えるノウハウ満載!実践で学ぶトレーニング研修 ~

2018年6月22日(金)開催

1本の電話が、会社の印象を大きく左右し、売り上げに結び付きます。しかし、電話応対の重要性を認識せず、自己流の応対で会社の評価を下げている企業も多く存在します。
顧客満足度アップや受注につながる電話応対は、先輩の見よう見まねのスキルで獲得できるものではありません。
このセミナーでは、電話応対力の決め手となる、「言葉」と「声」の力について学び、明日からすぐに実践できる電話応対スキルを身につけていただくため、ビジネスプラスサポートの藤井先生にご講演いただきました。
(続く・・・)

「電話応対トレーニング研修」

「経理部長・課長のための重点実務」
社長の右腕となって経営を改革する!
~ 利益と資金拡大を実現する8つの実践的実務 ~

2018年6月21日(木)開催

経営環境の激変時代における経理部長・課長の役割は、社長の経営参謀として、自社改革の推進を支援し、収益・資金拡大体質を強化することです。
これからの経理部門には、「財務会計」ではなく「経営会計」が求められます。
このセミナーでは、経理部長・課長の実践ノウハウである8つの役割:「社長の経営参謀」「財務分析」「損益分岐点技法」「コストダウン」「キャッシュフロー経営」「投資採算計画」「利益責任体制」「業績向上システム」について学んでいただくため、東邦ビジネスコンサルタントの粕井先生にご講演いただきました。
(続く・・・)

「経理部長・課長のための重点実務」