2018年1月19日(金)開催
「新人・若手社員のOJT指導者研修」
OJTのポイントを完全習得!
~ 指導者に求められるスキルと心構えを徹底解説 ~

講師:株式会社 オフィスあん
   代表取締役・社会保険労務士・人事コンサルタント 松下 直子 氏

プログラム

1. まず何から取り組んだらいいのか?
 (1) 新人・若手育成のゴールはどこにあるのか
 (2) “育つ新人・若手”と“育ちにくい新人・若手”の違い
 (3) 新人・若手育成の“うまい人”と“そうでない人”の違い

2. 最初の1か月にやるべきこと ~ 始めが肝心!基盤を築く
 (1) 新人・若手の能力と個性を見極めよう
 (2) 知識・技術を適切に教えよう
 (3) 組織や社会のルールを教えよう

3. 3か月目までのアプローチ ~ 効果が高い新人・若手との関わり方とは
 (1) 質より量? 量より質?新人・若手との接触度 【演習】
 (2) 新人・若手との効果的コミュニケーション方法 【演習】
 (3) ティーチングとコーチングを使い分けよう

4. 6か月目までに伝えておきたいこと
  ~ 自律的な新人・若手育成を目指して組織と個人の成長をつなぐ
 (1) 自分で考え、行動する新人・若手に育てよう 【演習】
 (2) 報・連・相上手な新人・若手にするために 【教育ゲーム】
 (3) 主体的、積極的に行動させるコツ

5. 終わりよければすべてよし、新人・若手育成の総仕上げ
 (1) あなたの取り組みを、職場、会社の取り組みに転嫁させる
 (2) 新人・若手の育成経験から得るものとは

結果レポート

セミナー風景

新入社員・若手社員の成長は、職場での指導のあり方・育て方に大きく左右されます。
職場の先輩、上司は指導者やヘルプ役でなく、新入社員のそばで見守り、必要な時には手を貸すサポート役であることが大切です。
とはいえ、何を、どのように教え、指導したらよいのでしょうか?
先輩・上司の方に、新人・若手を自律的な人材に育てるうえで必要な心構えやあるべき役割行動を、最近の新入社員・若手社員の特性をふまえた実際の教え方のツボ、職場での人間関係の効果的な関わり方やOJTでの人材育成のコツを、実習等を通じて体感していただくため、株式会社オフィスあんの松下先生をお招きして、ご講演いただきました。

参加いただいた皆さまからは、

  • 今日参加して本当に良かったです。すぐ社長や上司にも聞いた内容を報告して実践していきたいです。
  • 仕事をして10年経ちますが、改めて育成のやり方、考え方が根本から変わりました。もう一度内容を見直し、実践してみようと思います。
  • もっとお話を聞きたいと思った。私自身、組織の運営に苦しんでおり、日ごろの悩みを聞いていただき、嬉しかった。
  • 今までの考えが覆されたり、固定観念にとらわれてはいけないなぁと思いました。明日から実践できる内容なので、すぐに活かしていきたいです。
  • 参加する前は長くて眠くなりそうかなと思っていたのですが、あっという間でした。先生の話術に惹きこまれました。
  • 部下のほめ方、叱り方等、気づきがありました。
  • とても濃い内容で、4時間があっという間に感じました。
  • 何がわからないかがわからない事を講師の先生がわかっており、非常に話が細かくわかりやすくなっていて、入っていきやすかった。
  • 来年度入ってくる新人への対応、育成等を知ることができて良かったです。
  • 体験談等もあり、とても充実した研修でした
  • 時間も適度で、資料も見やすくわかりやすい。また復習もしやすそう。
等のご感想をいただきました。